離婚後も夫名義の家に住み続ける場合の法的処置|離婚・住宅ローン対策センター

離婚後も夫名義の家に住み続ける場合の法的処置|離婚・住宅ローン対策センター


離婚が決まっているけど夫名義の今の家に住み続けたい。
こんな場合は、権利関係をうやむやにしたまま放置していると後々大変です。
法的手続きでキッチリ解決しておくことが一番です。
特に、住宅ローンが残っていたりする場合は特に不安ではないでしょうか?

 

銀行に直接相談に伺っても、「離婚と住宅ローンは別」と応じてもらえないケースが多いようです。
そんな時は「離婚・住宅ローン対策センター」に相談してみてはどうでしょうか?
離婚後に生じる住宅ローンや財産問題について様々なケースに対応しています。
離婚・住宅ローン対策センターで離婚後の住宅ローンのお悩み解決いたします。

 

離婚・住宅ローン対策センターはこんな人におススメです。

離婚した後も、売らずに家に住み続けたい方
別のところに引っ越すのだが現在の家のローンの名義が残る。
今の家を売却したいけどローンが残っているから売ることができない。
現在の家の保証人を外してくれない。
元の夫がローンを払うか不安。
今の家は自分が買い取りたい。

 

離婚・住宅ローン対策センターの特徴

・全国対応です。
電話・メール・郵送ですべて完結(当社への面談や来社は不要です)
・住宅ローン借り換えのプロ(住宅ローン診断士)が対応。
・関東財務局登録の正規貸金業代理店なので法的に安心です。
・自己資金なしでも可能(成功報酬制度です。成立しなければ費用は一切いただきません)

 

離婚・住宅ローン対策センターの費用は?

費用は融資額×5%が上限です。
お支払いは、住宅ローンに不随して借りる諸費用ローンに当社費用も組み込む方法です。お客様が最初に現金を用意する必要はありません。但し金融機関によっては費用が組み込めない場合があります。この場合、前もって、支払方法を相談してからご依頼を頂きます。

 

手続きにはどれくらい時間がかかる?

2〜3ヵ月程度かかります。
一般的の住宅ローンの審査には2〜3週間ほどかかります。申し込む前に必要な資料や情報を送ってもらったり、それをもとに診断する時間が約1〜2週間かかります。審査が通った後も融資実行の手続き、現在借りている住宅ローンの返済手続き等もありますので、ご依頼を頂いてから早くても2ヵ月程度かかります。

 

離婚・住宅ローン対策センターのまとめ

離婚後の住宅ローンの問題は法的にキッチリ解決しておくことが一番です。
住宅ローン診断士が対応・関東財務局登録の正規貸金業代理店の「離婚・住宅ローン対策センター」なら安心です。


離婚・住宅ローン対策センターで離婚後の住宅ローンのお悩み解決いたします。

 

 

 

更新履歴
page top